当前位置: 首页 > yabo亚博首页 > 文章

「アベノミクス」の福利:一皿の豚カツ

2019-06-07

「アベノミクス」の福利:一皿の豚カツ

 新华网北京3月17日(记者/恵暁霜)日本の大企业は15日、新年度の基本给の赁上げ率を発表した。

多くは4年ぶりに最低水准となり、日本の安倍首相による消费を刺激して「経済の好循环」を促すことへの期待感が揺らいでいる。

 毎年4月に新年度が始まる前に、日本企业と労働组合が新年度の赁金に関して「春闘」と呼ばれる交渉を行う。

「春闘」の结果は、企业の経済の见通しに対する确信を示す基准とみなされており、消费拡大が见込まれるかどうかの重要指标でもある。  一部の経済アナリストは、日本の大企业の今年の平均赁上げ率は约0.3%で、「官制春闘」以降、最低水准になると指摘する。

 ロイター通信は次のように概算した。 トヨタの中级技术者の月収を36万円として计算すると、今年の赁上げ率は0.36%で、毎月、増额する1,300円はトヨタ本社近くの名古屋市で现地特産の一皿の豚カツを买うことができる。

 「赁上げ率は経済成长とインフレの促进に、はるかに及ばない。 」研究机関、日本総研の山田久チーフエコノミストはこう语る。

 生活コストの上昇と経済の见通しの不透明感によって、一般の日本人は消费するのではなく、财布のヒモを坚く结ぶことを选ぶ。 「野菜の値上げが続き、生活コストが上昇するにつれて、お金が足りなくなる。

」、「ベースアップした给与をすべて贮金し、娯楽ではなく、食费にあてなければならない。

」と腕时计メーカーに勤务する22歳の女子社员は语る。 (新华社より)関连记事:。